2016年6月22日水曜日

28日の「Koike strings with 新垣 隆」コンサートに抽選で50名様をご招待!

来る6月28日(火)に東京・紀尾井ホールで開催される「Koike strings with 新垣 隆 - Acoustic revive classic concert」に、アンケート回答者の方から抽選で50名様を無料ご招待いたします。このコンサートでは当該アーティストのセッション音源をDSD256(11.2MHz)ネイティブで試聴できるコーナーを設けるほか、当日の演奏がDSD256で収録されリリースされる予定です。

2016年4月20日水曜日

春のヘッドフォン祭2016にNOKKO(レベッカ)さんご夫妻が登場

iFi Audioの日本での輸入・発売を手掛けるトップウイングCSG(代表:佐々木原幸一)は「春のヘッドフォン祭2016」初日にレベッカのNOKKO氏、およびミックス・エンジニアのGOH HOTODA氏のご夫妻を、音元出版アナログ編集部と共同で招聘し、「なぜいまアナログレコード?」と題したトークショウをヘッドフォン祭会場で実施することになりました。

レベッカが昨年7月から11月にかけて行った20年ぶりの再結成ツアーは豊洲ピット、横浜アリーナ、さいたまスーパーアリーナでの公演をすべて満員にするなど大きな話題となり、年末のNHK紅白にも出場しました。
また、そのライヴの模様はGOH HOTODA氏のミックスによりアナログ・レコードとして12月にリリースされました。また、10月に発売されたNOKKOによるレベッカ楽曲のセルフカバーアルバム『NOKKO sings REBECCA tunes 2015』はアナログ化にあたり、アルバムのトータルプロデュースを務めたGOH HOTODA氏自らがmono仕様に新たにマスタリングしたものとして大きな話題を呼びました。

今回のイベントでは上記2つのアルバムをiFi Audioの近日発売予定の新製品iPhono2(フォノイコライザー)、及びpro iCAN(プリアンプ兼ヘッドフォンアンプ)、M2TECHの話題の製品Joplin MKII(フォノADC)を用いて部分的に試聴すると同時に、ご夫妻にアナログレコードの魅力をたっぷり語って頂く予定です。

21世紀に入って再び巻き起こるアナログムーヴメントを、アナログ時代から活躍するレベッカを通じて俯瞰するイベントとしてヘッドフォン祭で開催させていただくことに、関係者一同大きな喜びを抱いております。

●トークイベント概要
開催日:4/29
時間:16:30-17:30
場所:春のヘッドフォン祭2016会場 中野サンプラザ15F ANALOGブース(リーフルーム)
一般の方のトークイベント参加方式:同6F トップウイングCSGブース(ウィンドルーム)にて当日11:00より15:00まで抽選券配布→15:30 同ルームにて当選者掲示(60名様を予定)


2016年2月29日月曜日

統合されたファームウェア バージョン5.1 “Gelato(ジェラート)” + サブバージョン

最新の統合ファームウェア バージョン5.1“Gelato”




最新の自社開発ファームウェア(※注1) バージョン5.1は「すべての」iFi製品(※注2)で使用できます。

※注1:iFi社製のファームウェアを搭載したXMOSプラットフォーム上でiFi社以外の製品は使用しないでください。
※注2:iFi社のネイティブDSDが再生可能なDAC〔iDACを除く〕は独自のものなので、バージョン5.1を使ってアップデートしないでください。


  1. 刷新されたXMOS“ディープ・コア・プロセス”ソフトウェアによって、SPDIFの様々な動作に対応します(以前はXMOSはUSBセクションを修正していました)。
  2. DSD256をDoPモードで使用する際に、48kHzのサンプリングレートによるアップコンバージョンでDSD256が可能になりました。
  3. DoPの標準仕様にまつわる問題が解決されました。トラックを切り替える時に発生する“クリック音”、ネイティブDSDとの音の違い、その他の小さなバグなどが修正されています。


特別な機能を必要とされる方のために、前回の5.0と同様2つのサブバージョン・ファームウェアを用意しています。

1)nano iDSDとmicro iDAC2用のバージョン5.1A - DoP256が可能

  • このバージョン5.1Aによって、DSD256(DoP)が可能になりますが、USBインターフェース・レベルで768kHzが必要になります。
  • nano iDSDとmicro iDAC2は、DACレベルでは768kHzをデコードできませんが、USBインターフェース・レベルで768kHZのPCMを受けるようにプログラムすることができるので、DSD256(DoP)が可能になるのです。
  • バージョン5.1Aを使用する際は、PCMのオーディオ設定を手動で正しく変更しなければなりません。そうしないと、オーディオがまったく出力されなくなります。
  • 換言すれば、PCMファイルを再生する際にはサンプリングレートを384kHZ以上に設定してはいけないということです。DSD256(DoP)を再生する時だけサンプリングレートを768kHzに設定してください。
  • DSDを再生する際にネイティブモード(つまりDoPではない)を使用する場合は、このファームウェアを使う必要はありません。使った場合には、DSDファイルがまったく再生されなくなります。
  • バージョン5.1Aは、nano iDSDとmicro iDAC2以外では使用しないでください。


2)micro iDSD用のファームウェア バージョン5.1B - スリープモード(スマートフォンを使う場合のみ)を無効に

  • これはスマートフォンを使う場合だけに使用するバージョンで、micro iDSDでこの5.1Bを使用する他の理由はありません。
  • micro iDSDはスリープモード時(たとえばPCに接続されている時)に充電しようとします。スマートフォンに接続されていると、コンピューターに接続されていると認識するので、スマートフォンから充電しようとしてしまいます。
  • バージョン5.1Bは、micro iDSD内でこのスリープモードを無効にするので、スリープモード時に充電しようとして、スマートフォンの電池を消耗させるということがなくなります。
  • バージョン5.1Bは、micro iDSD以外の製品では使用しないでください。
  1. nano iDSD本体用ファームウェア5.1→こちら
  2. micro iDSD本体用ファームウェア5.1→こちら
  3. micro iDAC2本体用ファームウェア5.1→こちら
  4. Retro Stereo50本体用ファームウェア5.1→こちら

DSDとDoP革命の背景
DoP DSDは、PCMとDSD-DoPの切り替え時に、機構上どうしても雑音が生じると知られています。この問題は、(すべてのではなく)いくつかのごく限られた再生ソフトウェアで扱われてきました。DSD再生において多くのソフトウェアがこの問題に苦労しているのは、そのためなのです。
そこで私たちiFiは、この問題を自ら取り上げて、「(PCの)箱の外で」考え、この「上流にある」問題を「下流の」ファームウェア・レベルで解決し、それを私たちのDSD再生が可能な機器のすべてに搭載することにしました。1年以上かかったこの過程で、私たちはDSD-DoPとPCMの相違があれこれ厄介を生み出す多くの分野で、問題を解決したのです。
DoPは音質が劣るとよく言われますが、ファームウェア内のコア・コードとクロックシステムを調整することによって、この点は今では(話にならないレベルではなく)議論できるレベルにまでなっています。というのも、私たちはDoPとネイティブDSD再生を比較対照することによって、プロセッサーを利用するという考え方を排除したからです。
ですから、ネイティブDSDとDoPのどちらでも、すばらしいDSD音質を引き出すことができるのだと確信して、そしてあとはご自身の体験に基づいて、どちらかを選択してください。DSDとPCMの場合と同じように、私たちはDSDとDoPのどちらも、同じくらい好きなのです。

2015年10月28日水曜日

Windows用新ドライバーV2.26.0をリリース

iFI-Audio製品をWindows(Vista、7、8、8.1、10)で使うための新しいドライバーV2.26.0がリリースされました。

http://ifi-audio.jp/driverdownlord.html


これは以下の製品をサポートしています。他の製品ではお使いいただけません。

iFi nano iDSD
iFi micro iDAC
iFi micro iDAC2
iFi micro iLink
●iFi micro iDSD
iFi RETRO Stereo 50
●AMR DP-777(日本未発売)


This V2.26.0 driver update contains improvements and bug fixes, including:
このドライバー・アップデードV2.26.0には、以下の改良点とバグ修正が含まれています。

• Improvements  改良点
1. Stream startup optimized to reduce startup latency. Startup delay is reduced from ~100ms to ~20ms  
ストリーム・スタートアップが、スタートアップ時のレイテンシー(潜在時間)を短縮するように最適化されました。スタートアップ遅延が、-100msから-20msに短縮されました。

2. DFU GUI utility: status output revised, improved support for resizeable dialog, another firmware upgrade now requires to restart the application, ESC key doesn’t close the application
DFU GUIユーティリティー: ステータスの表示が改訂され、リサイズ可能なダイアローグのサポートが改良されました。ファームウェアをさらにアップグレードする際に、アプリケーションを再スタートするように求められるようになりました。ESCキーを押してもアプリケーションが閉じなくなりました。

3. Subdevice creation is more generic now: a subdevice will be created for any IAD or interface that is not claimed by Audio, MIDI, DFU
サブデバイスの生成が以前よりも幅広く対応できるようになりました。Audio、MID、DFUが対応していないどんなIADやインターフェース用にもサブデバイスが生成されるようになりました。

4. Stream formats (alternate settings) parsing is more flexible now. PCM and RAW/DSD formats can be placed in any order
ストリーム・フォーマット(オルタネートセッティング)の解析が以前よりもフレキシブルになりました。PCMとRAW/DSDフォーマットをどのような順序でも配列することができます。
Automatic uninstall of earlier version from 2.0 upwards
バージョン2.0以降は、以前のバージョンが自動でアンインストールされるようになりました。

• Bug fixes バグフィックス(以下の症状が改善されました)
1. ASIO streaming stops unexpectedly if control panel defers closing a handle of an already removed device
コントロールパネルが、削除されたデバイスのハンドル(ポインター)を閉じるのに時間がかかる場合に、ASIOのストリーミングが不意に停止する。

2. On device add/remove ASIO Reset was unnecessarily issued to all ASIO host instances including those attached to another device instance
デバイスの追加・削除において、ASIO ResetがすべてのASIOインスタンス(他のデバイスのインスタンスに添付されたものを含む)に不必要に発行される。

3. Control panel app: – close handle on device remove, even if the app is hidden
コントロールパネルapp: appがバックグラウンドで実行中の場合であっても、デバイスを削除するハンドルが閉じられる。

4. DFU wizard app: – ‘ready’ status not displayed before the firmware was specified
DFUウィザードapp: ファームウェアが特定されないと、「ready」 のステータスが表示されない。

5. Control panel app: focus was caught after PnP events when minimized to Systray
コントロールパネルapp: Systrayに最小化された時、PnP(プラグアンドプレイ)イベントの後にフォーカスが固定されたままとなる。

6. Audio Control descriptor parsing for MIDI was not working for all UAC 1.0 devices
MIDI用に解析をするAudio ControlデスクリプターがすべてのUAC1.0デバイスで動作しない。

2015年8月31日月曜日

DSD256用のファームウェア5.0にフレーバーをつけました 「どれにしますか?」

DSD256用の最新ファームウェア5.0に
フレーバーをつけました
バニラ、ストロベリー、チョコチップ… どれにしますか?

DSD DoP革命 - iFiファームウェア・バージョン5.0が新時代の到来を告げます。
iFiでは、ソフトウェアを社内で開発すると言えば、まさにそのとおりのことをします。今回は、ファームウェア・バージョン5.0(そしてそのサブバージョン)によって、私たちはさらに上へ、そしてさらに先へと進化しました。その理由は:
  1. ファームウェア・バージョン5.0「バニラ Vanilla」は、DoP経由のDSDを最適化して、DSDと同等のパフォーマンスを実現します。クリック音がなく、ASIOによるネイティブDSD(これまではWindowsのみで可能でした)と同等の音質を実現しているのです。DoPの30%のデータ・オーバーヘッドを保持しながら、iFiのファームウェアのスペシャル・コード最適化機能が、ASIOネイティブと同等の音質に引き上げています。音の良さという点では、どちらのプロトコルも今では同等になっています。
  2. スペシャル・サブバーション・ファームウェア5.0A「ストロベリー Strawberry」は、Mac OSやiOSで用いられているDoP経由のDSD256を可能にします(nano iDSDとmicro iDAC2のみで利用可能です)。Windows、OSX、Linusなどのコンピューター・プラットフォームはもちろん、スマートフォンやストリーマーを含むすべての主要なコンピューター・プラットフォームで、DSD256をサポートします。
  3. 追加サブバージョン・ファームウェア5.0B「チョコチップ Choco Chip」は、Android及びそれと同様の機器用に、micro iDSDのスリープモードを無効にします。これによって、最近の世代のAndroidを使用したスマートフォン、タブレット、ファブレットからmicro iDSDが電力を引き出すのを防ぎます。同時に、micro iDSDがスリープモードに入るときに生じていたクリック音やポップ音も防ぎます。
DSDとDoP革命の背景
DoP DSDは、PCMとDSD-DoPの切り替え時に、機構上どうしてもノイズが生じると知られています。この問題は、(すべてのではなく)いくつかのごく限られた再生ソフトウェアで扱われてきました。DSD再生において多くのソフトウェアがこの問題に苦労しているのは、そのためなのです。

そこで私たちiFiは、この問題を自ら取り上げて、「(PCの)箱の外で」考え、この「上流にある」問題を「下流の」ファームウェア・レベルで解決し、それを私たちのDSD再生が可能な機器のすべてに搭載することにしました。1年以上かかったこの過程で、私たちはDSD-DoPとPCMの相違があれこれ厄介を生み出す多くの分野で、問題を解決したのです。

DoPは音質が劣るとよく言われますが、ファームウェア内のコア・コードとクロックシステムを調整することによって、この点は今では(話にならないレベルではなく)議論できるレベルにまでなっています。というのも、私たちはDoPとネイティブDSD再生を比較対照することによって、プロセッサーを利用するという考え方を排除したからです。

ですから、ネイティブDSD(ASIO方式)とDoPのどちらでも、すばらしいDSD音質を引き出すことができるのだと確信して、そしてあとはご自身の体験に基づいて、どちらかを選択してください。DSDとPCMの場合と同じように、私たちはDSDとDoPのどちらも、同じくらい好きなのです。

そして、従来のファームウェアではASIOでしか対応していなかったnano iDSDのDSD256(11.2MHz)はDoPでも対応することになりました。すでにiOSにはHibikiを始めとしてONKYO HF PLEYER、KORG iAudioGate、KaiserToneなど多くのDSD256対応アプリがあり、それらはすべてDSD256の伝送にDoP方式を採用しています。これまでも、ポータブルDACでDoPによるDSD256に対応しているのはmicro iDSDだけでしたが、5.0A「ストロベリー Strawberry」を適用したnano iDSDもその列に加わることになるのです。






ファームウェア5.0「バニラ」Vanilla(for all)
  1. 適用可能機種:nano iDSD/micro iDSD/micro iDAC2/Retro Stereo 50
  2. 解説:すべてのOSに対応し、すべての特徴がオリジナルの機器のスペックと同じ。2015年9月以降に出荷されるiFi製品に搭載(iLink、iDACを除く)。
  3. 既知の問題:nano iDSDとmicro iDAC2においてDSD256はASIO経由でのみ利用可能(DoPではDSD256再生不可)。micro iDSDのみスリープモードにしたときある種のスマートフォンから電力を引き出すことがある。

5.0A「ストロベリー」Strawberry(only for some)
  1. 適用可能機種:nano iDSD/micro iDAC2
  2. 解説:nano iDSDとmicro iDAC2で、MAC OSX、iOS、Android、Linux上でDSD256が可能になるバージョン。DoP経由のDSD256を可能にしたい場合のみ必要。他の機能は通常のバージョン5.0と同様。
  3. 既知の問題:システムオーディオ(Mac OSX、iOS、Android、Linux)使用時には、OSがサポートしていれば、オーディオのデフォルトが768kHzのアップサンプリングに設定される。nano iDSDとmicro iDAC2は、768kHzのPCMの「無音」信号を受け取ると、出力をミュートしてしまうので、デフォルトのサンプリングレートを手動で384kHzに設定して、出力を可能にする必要がある。

5.0B「チョコチップ」Choc Chip (many contain nuts, not for everyone)
  1. 適用可能機種:micro iDSD
  2. 解説:micro iDSDのみに使用! Android及びそれと同様の機器で使用する際に、スリープモードを無効にする。
  3. 既知の問題:スリープモードを無効にすることによって、最近の世代のAndroidを使用したスマートフォン、タブレット、ファブレットからmicro iDSDが電力を引き出すのを防ぐ。同時に、micro iDSDがスリープモードに入るときに生じていたクリック音やポップ音も防ぐ。既知の問題:USB入力使用中にはSPDIF入力は使用不可。スリープモードがないので、通常のバージョン5.0と比べて実質的にバッテリー駆動時間が短くなる。

2015年8月26日水曜日

Retro発売のお知らせ

iFI Audio Retro(Stereo50LS3.5)は本国にてさらなる音質向上および生産性の向上を目的とした基板設計の変更を行ったため、日本で再度技適認証を行う必要が生じるなど、諸外国に比べて発売スケジュールに大きな遅れが出ておりましたが、このたびようやく技適証明を始めとする法的認証手続きが完了し、8月31日(月)に発売開始決定となりましたことをお知らせいたします。(※地域、流通の事情により一部前後する可能性アリ)
独自のプログラミング技術で世界最高スペックDSD512(22.5MHz/24.6MHz)/PCM768KHzへの対応を可能にしたUSB-DAC、AptXに対応したBluetooth、7種類のカーブ(RIAA、CCIR/Teldec、Columbia、Decca、DMM、EMI)に対応したフォノイコライザー、この価格帯としては破格の出力を持つ真空管+A級アンプ(25W+25W)、どんな低能率なヘッドフォンでも鳴らし切る7,000mWのヘッドフォンアンプを搭載したRetro Stereo50と、かつての名作BBCモニターを21世紀の視点から見つめなおし、iFIのオリジナルユニット、ノンネットワークによるタイムアライメントの追求、ダンピングを最小限に抑えるアコースティック・アクティブ・チューニングを採用したLS3.5、セットと分売でいよいよ日本上陸です!


なお、FUJIYA AVIC(東京・中野)、オリオスペック(東京・秋葉原)、ヨドバシカメラAKIBA(東京・秋葉原)において9月上旬より順次デモ機を設置させていただく予定です。

2015年7月3日金曜日

iDAC2に新ファームウェア4.08を実装、DoPでもDSD256が可能に

新製品iDAC2について、追加のお知らせです。

micro iDAC2にはiFIの最新ファームウェア4.08が標準実装されています。


この4.08ファームウェアは、DSD再生にDoP(DSD over PCM)方式しか選択できないMacユーザーのために開発されたものです。iFIのDSD推奨再生方式がASIOであることに変わりはありませんが、現在のところMac OSの標準ドライバーでDSDを再生するためには、DoP方式以外は選択肢がないため、PCM705.6/768KHzを、Mac OS上でDoPで使うときだけ開放させることによってDSD256(11.2/12.4MHz)を再生可能とするものです。なお、ネイティブのPCM705.6/768KHz信号を入力してもブロックされるため、iDAC2の対応スペックがMac OS上でもWindows上でも

●DSD256(11.2MHz/12.4MHz)
●PCM352.8/384KHz

であることに変わりはありません。

iDAC2はiFI独自のファームウェアプログラミングにより、Mac OS上でも余計なドライバーの追加を必要とせず、Windowsと同じDSD再生スペック(11.2MHz/12.4MHz)を実現する、初のDAコンバーターとなることに間違いはないと思われます。