2017年11月11日土曜日

GEMINI3.0とMERCURY3.0発売決定

INTRODUCING THE NEW DYNAMIC DUO –
ダイナミックな新製品2点のご紹介 - GEMINI3.0とMERCURY3.0です。

With generic USB cables, the data and the power cables are normally compacted and do not conduct anywhere near as well as they should. They are not sufficiently shielded from each other. This has a negative impact on the USB signal and, therefore, on sound quality.
一般のUSBケーブルは、データを伝送するケーブルとパワーを伝送するケーブルがコンパクトに1本にまとめられているので、本来の性能を発揮することができません。互いに十分なシールドが施されていないからです。これがUSB信号に悪影響を与えるので、その結果音質にも悪影響が出るのです。

Not so, our new and improved dynamic duo.
弊社の改良されたダイナミックな2製品では、そのようなことは起こりません。


GEMINI3.0


The Gemini3.0 dual-headed cable carries audio and power in two separate cables. This separates the USB data signal from the USB power and limits interference. Furthermore, signal and ground have their own respective geometry for optimal conductivity.
Gemini3.0デュアルヘッド・ケーブルは、オーディオとパワーを別々の分離したケーブルで伝送します。これによって、USBデータ信号とUSBパワーが分離され、相互干渉が遮断されるのです。さらに、信号とアースもそれぞれ独自のジオメトリーを持ち、最適な動作をするようになっています。

この商品は関口機械販売が有する実用新案登録第3162601号のライセンス認証の元、日本国内での販売を行っております.
This product is sold in Japan by permission of the licenser Sekiguchi Kikai Hanbai, Inc. (Utility Model Patent: No.3162601).


MERCURY3.0


The Mercury3.0 single run cable has quadruple shielding to fully separate and protect the delicate USB data signal from the USB power and reduce noise contamination.
It comes with the newest version of our custom-made RF noise silencers.
Mercury3.0のケーブルは1本だけですが、内部で四重にシールドされているので、デリケートなUSBデータ信号をUSBパワーから十分に分離して保護し、ノイズによる汚染を減少させます。最新バージョンのカスタムメイドのノイズ・サイレンサーを装備しています。

YOUR AUDIO - FUTUREPROOFED

The USB3.0 platform mandates better connectors and higher quality cables and both Gemini3.0 and Mercury3.0 meet these needs with ease.

長年にわたってご使用いただけます

USB3.0のプラットフォームは、より高品質なコネクターとケーブルを要求しますが、Gemini3.0とMercury3.0はどちらもこれらの要件に容易に適合しています。

This much higher standard transmission platform means USB audio passes with the least disturbance. It enables faster, smoother and less-jittery audio and power transfer.
こういった高い基準仕様に基づいた伝送プラットフォームは、USBオーディが最少の障害で伝送されることを意味します。より高速な、よりなめらかな、よりジッターの少ないオーディオとパワーの伝送が可能になるのです。

As audio transmission standards improve, the Gemini3.0 with its USB ultra-speed
bandwidth of 5.0Gbps, is also future-proofed.
オーディオの伝送の基準仕様が上がっていっても、5.0Gbpsという超高速帯域幅を備えたGemini3.0は、将来も安心して使うことができます。

Gemini3.0の価格は以下のとおりです。(全4種類)

  • 0.7メートル3.0端子:58,000円(税別)/62,640円(税込)
  • 0.7メートル2.0端子:58,000円(税別)/62,640円(税込)
  • 1.5メートル3.0端子:68,000円(税別)/73,440円(税込)
  • 1.5メートル2.0端子:68,000円(税別)/73,440円(税込)


Mercury3.0の価格は以下のとおりです。(全4種類)

  • 0.5メートル3.0端子:27,000円(税別)/29,160円(税込)
  • 0.5メートル2.0端子:27,000円(税別)/29,160円(税込)
  • 1.0メートル3.0端子:46,000円(税別)/49,680円(税込)
  • 1.0メートル2.0端子:46,000円(税別)/49,680円(税込)


詳細は各ウェブサイトをご覧ください。

2017年11月8日水曜日

nano iDSD BLのMQA再生用・本体ファームウェア・ベータ版リリース

nano iDSD BLのMQA再生用の本体ファームウェア(ベータ版)がリリースされました。
詳細については以下のリンクをご参照ください。


なお、今回のベータ版についてはMQA再生時に

  • LEDのランプがサンプルレートに対応しない
  • Mac OSX専用ファームウェアが存在せずWIndows版のみ

という現象が確認されております。最終バージョンでは上記の点を解消する予定ですので、今しばらくお待ち下さい。

2017年11月6日月曜日

nano iDSD BLACK LABELのテクニカルノート

PART 1. YOUR MOBILE MUSIC – SUPERCHARGED
パート1. モバイル・ミュージックをスーパーチャージ

At iFi, we strive to look at what's in front of us, predict what audio enthusiasts might enjoy, then develop a solution, execute it in our unerring fashion and deliver as much musical goodness as is humanly and technologically possible.
iFiは、目の前にある問題を見つめ、オーディオファイルの方々が何を楽しもうとされているのかを予測し、それからその解決策を開発し、それを的確な手法で実行し、人間的及び技術的に可能な限り最良の音楽をお届けしようと努力しています。
Imagine for a moment the original, EISA award winning nano iDSD touched by the magical hands of the micro iDSD Black Label boffins.
EISA賞を受賞したオリジナルのnano iDSDに、micro iDSD Black Labelの開発研究者の魔法の手が触れたらどうなるか、ちょっと考えてみてください。
This is the new nano iDSD Black Label.
それが新しいnano iDSD Black Labelなのです。
In short, the nano iDSD Black Label is a petite, portable audio converter with classy headphone amplifier. It is unique, convenient and packs a punch. Music on the go just changed for the better. And best of all, its real-world price is perfect for the smartphone crowd to ‘supercharge their mobile music’.
要するに、nano iDSD Black Labelは、高級なヘッドフォンアンプを備えた、小さくてポータブルなオーディオ・コンバーターだということです。ユニークで、利便性が高く、しかも強烈です。モバイル・ミュージックをさらに良い音で聴くことができるのです。そして何より良いのは、「モバイル・ミュージックをスーパーチャージ」したいと思っていらっしゃる方々にとって、完璧に手の届く現実的な価格であるということす。

1. MOBILE MUSIC LIKE NEVER BEFORE
1. かつてない音質のモバイル・ミュージック

With the launch of the iPhone X and Essential Phone, smartphones are becoming ever more powerful. With unrivalled convenience, portable music has never been so good…
iPhone XとEssential Phoneの発売によって、スマートフォンはいっそうパワフルになりました。利便性が大幅に向上し、ポータブル・ミュージックはかつてないほど高音質になりました。
…and is about to get a whole lot better with the launch of the nano iDSD Black Label.
…それが、nano iDSD Black Labelの発売でさらにずっと良くなります。
Just add the BL to your smartphone and get ready for a whole new level of music streaming from Spotify, Tidal MQA, and Apple Music.
スマートフォンにnano iDSD Black Labelを加えるだけで、まったく新しいレベルでSpotify、Tidal MQA、Apple Musicから音楽をストリーミングすることができるのです。




2. HEADPHONE HEAVEN
ヘッドフォン天国

The nano iDSD Black Label is petite but beneath the unassuming exterior hides a wealth of improvements to the original nano iDSD.
nano iDSD Black Labelは小さいですが、そのさりげない見た目の背後には、オリジナルのnano iDSDからの多くの改良点が隠されています。
In particular, for headphone lovers, it boasts the following standout features that other more expensive portable DACs just don’t have.
特にヘッドフォン愛好家のみなさまには、以下の際立った特徴を用意しています。これらは他のもっと高価なポータブルDACにも採用されていないものばかりです。

  • Max output power (32R) around 10 times that of iPhone 6 (285mW vs. 27mW)
  • The new S-Balanced technology means headphone channel separation is unchanged with load (requires balanced wired IEMs or headphones to benefit)
  • Running a high-voltage Direct Drive Amp, the BL gets 3.5V into high impedance headphones making it suited even for 600 Ohm headphones. It will drive HD650s to 115dB.
  • The inbuilt iEMatch means it can drive high sensitivity headphones at 0.5V with a dynamic range that is virtually identical to that at "normal" output at 2V. It drives Shure SE535s to 122dB.
  • 最大出力(32R)はiPhone6の約10倍(285mW対27mW)です。
  • 新しいSバランス・テクノロジーによって、ヘッドフォンのチャンネル・セパレーションが負荷によって変化することがありません(これを実現するにはバランス接続型のIEMやヘッドフォンが必要でした)。
  • 高電圧のダイレクト・ドライブ・アンプを駆動して、nano iDSD Black Labelは高インピーダンスのヘッドフォンに3.5mVを送り込みます。これは600Ωのヘッドフォンも駆動することができます。HD650sを115dBで駆動する能力です。
  • 内蔵されているiEMatchによって、高感度のヘッドフォンを0.5Vで駆動することができます。そのダイナミックレンジは、「通常の」2Vの出力で駆動する場合とほぼ同じです。これにより、Shure SE535sを122dBで駆動することができます。


3. BLACK MAGIC INGREDIENTS
ブラック・マジックな部品

As is the AMR/iFi style, we always like to use components that go ‘above and beyond’ the norm and push the tech just that one bit further.
AMR/iFiの常ですが、私たちは通常のものをはるかに超える部品を使用し、技術をもう1ビット先に推し進めたいと思っています。 
So appealing to the techy hidden in everyone, we are proud to list the following components that give the nano iDSD Black Label the edge. These components are just not found in other DACs or amps at two or three times the price.
そこで、すべての人の中に潜んでいるテクノロジー指向にお応えして、nano iDSD Black Labelを最先端に押し進めている部品の一覧をパート3にリストアップしています。
From TDK to Panasonic SMD components to the analogue volume control, the new nano iDSD has it all.
TDKからPanasonicの SMD、アナログ・ボリューム・コントロールに至るまで、新しいnano iDSD Black Labelはそれらをすべて備えているのです。 
See Part 3 for a look at what’s inside this’ ‘foot tappin’ piece of kit.
この「躍動感溢れる」キットの中に何があるのかについては、パート3をご覧下さい。

PART 2: FEATURES OF THE NANO IDSD BLACK LABEL
パート2. NANO IDSD BLACK LABELの特徴

1.ULTRA HIGH-RESOLUTION AND FUTURE-PROOFED
1. 超高解像度で、長年の使用に耐える

With full high-resolution support from MP3 up to DSD256 and MQA, the nano iDSD Black Label delivers the best audiophile quality audio, both on the go and at home.
MP3からDSD256、そしてMQAに至るすべてのハイレゾをサポートするnano iDSD Black Labelは、屋外でも屋内でも最高のオーディオファイル・オーディオを引き出します。
The USB input makes it easy to use, wherever you are.
USB入力端子を備えているので、どこにいても簡単に使用できます。
It includes MQA compatibility so get streaming TIDAL and let the nano iDSD Black Label take care of the rest.
MQAにも対応しているので、Tidalのストリーミングを楽しむことができます。あとはnano iDSD Black Labelにお任せください。

2.USB INPUT – ON THE GO AND AT HOME
USB入力 -外出時にも家庭でも

The nano iDSD Black Label has a special USB male ‘A’ connector for direct connection.
Nano iDSD Black Labelは直接接続のための特別なUSBメス「A」コネクターを備えています。
On-the-go use a USB to lightning or OTG connector respectively to connect to Apple or Android.
外出時は、USBコネクターをLightningコネクターやOTGコネクターに接続して、AppleやAndroidの機器に接続します。
Or at home, use the enclosed USB3.0 cable to connect to a PC.
Stream Apple Music/Google Play/Spotify/Tidal/Youtube content from your phone at a whole other level of quality. Add kick-a** sound to your gaming by connecting your console or a computer.
家庭では、同梱のUSB3.0ケーブルを使ってPCに接続します。Apple Music、Google Play、Spotify、Tidal、YouTubeのコンテンツをまったくレベルの違う音質でスマートフォンからストリーミングすることができます。コンソールやコンピューターに接続すると、パワフルなサウンドでゲームを楽しむことができます。


3.JUST ONE OR TWO BITS FOR THE TECHIES…
3. テクノロジー指向のみなさまのためにさらにもう1ビット、あるいは2ビットを

Burr Brown Inside
Proper d/a conversion is a must and here the Burr-Brown DACs have what it takes. Not only to achieve great sound, but also to have truly native DSD and PCM data streams.
●バーブラウンDACを内蔵
適切なDA変換が必須ですが、それはバーブラウンのDACが引き受けます。すばらしいサウンドが実現するだけでなく、ネイティブでのDSDとPCMのデータ・ストリームが実現します。


Listen  & Measure / Digital Filter
The advanced minimum phase (Bezier) ‘Listen’ digital filter has been optimised for sound quality and enjoyment. We recommend this setting be left on permanently.
However, some people prefer the sound of standard FIR linear phase filters, or are required to take objective performance measurements. In this case alternatively, select ‘Measure’. Horses for courses...
●デジタル・フィルター「Listen」と「Measure」
高度なミニマム・フェーズの(ベジェの)「Listen」デジタル・フィルターが音質を最適にして楽しませてくれます。この設定を終始ご使用になることをお薦めします。
しかしながら、標準的なFIRリニア・フィルターを好まれる方もいらっしゃいます。客観的な計測を必要とする方もいらっしゃるでしょう。こういった場合には、「Measure」フィルターを選択することができます。それぞれ得意分野が異なるのです。

Asynchronous USB audio system with Zero Jitter® Memory Buffer
Asynchronously working USB input is crucial for good sounding audio and we don't cut corners here. When the signal is properly buffered and REclocked, the essence of the music is preserved.
●Zero Jitter®メモリー・バッファを備えたアシンクロナスUSBオーディオ・システム
アシンクロナスに動作するUSB入力は音質の良いオーディオにとってはきわめて重要なので、ここで手抜きをすることはでません。信号が適切にバッファされ、再クロックされると、音楽のエッセンスが保持されるのです。



ZERO JITTER® MEMORY BUFFER TECHNOLOGY
ZERO JITTER® メモリー・バッファ・テクノロジー

To have a very precisely buffered digital signal before it goes to a DAC is a mandatory choice. We pushed the envelope even further by doing the same thing not only with nano iDSD BL's USB input, but the rest of available digital interfaces as well.
デジタル信号をDACに送る前にきわめて精確にバッファすることは必須です。私たちは、nano iDSD Black LabelのUSB入力のみならず、他のすべてのデジタル・インターフェイスに同じようにバッファを設けることで、限界を押し広げています。

IPURIFIER BUILT-IN TO REDUCE USB NOISE
USBノイズを減少させるためにiPurifierを内蔵

As with its larger brethren, the nano iDSD Black Label also has iPurifier technology built-in to reduce USB power line noise and REbalance the USB signal.
micro iDSD Black Labelと同様に、nano iDSD Black LabelもiPurifierテクノロジーを内蔵し、USBパワー・ライン・ノイズを減少させ、REBalanceによってUSB信号を再バランスします。

NANO AIRCRAFT-GRADE ALUMINIUM CASE WORK
航空機グレードのアルミニウム製の筐体
Aluminum is unbeatable in EMI/RFI handling, hence it was the only viable option for the nano iDSD Black Label.
EMI(電磁干渉)ノイズとRFI(無線周波数干渉)ノイズに対処するにはアルミニウムを使うのが最強です。ですから、nano iDSD Black Labelにはこれが唯一の選択肢なのです。

PART 3: IDSD BL  - ‘SPECIAL KINDA MAGIC’
パート3. IDSD BLACK LABELの「スペシャルなマジック」

As is the AMR/iFi DNA, we love to audition and vet new parts as they come onto the market and where possible, use the ultimate components. Whereas some shun internals pictures, we always strive to show ‘what’s under the hood’ as customers like to make informed purchasing decisions based upon sonics and outright ‘sound for the pound’.
AMR/iFiのDNAの常ですが、私たちは新しい部品が市場に出たら、それらを試聴し、綿密にテストするのが大好きです。そして、可能な部分にはそれらの究極の部品を使用するのです。内部構造を開示したくない人もいますが、私たちは常に「中に何があるか」を示すように努力します。というのも、ユーザーのみなさまは、購入を決意するにあたって、サウンド、そして「金額に見合うサウンドであるか」に基づいた情報がほしいと思っていらっしゃるからです。


The nano iDSD Black Label, while very affordable, is packed to the rafters with boutique components. Here are just a few:
nano iDSD Black Labelは、非常に入手しやすい値段でありながら、高品質な部品が詰め込まれています。いくつか例を挙げましょう。


  1. Thin Film Resistors for audio section (lower noise & distortion than standard metal film or carbon film types). オーディオ・セクション用のフィルム抵抗器(通常の金属フィルムやカーボン・フィルムよりもノイズと歪みが低い)。 
  2. Tantalum Polymer Capacitors for Power Supplies 電源用のタンタル・ポリマー・キャパシター。 
  3. TDK C0G capacitors for the analogue filter アナログ・フィルター用のTDK C0Gキャパシター。
  4. Panasonic ECPU Film Capacitor for critical DAC reference voltage. きわめて重要なDACのリファレンス電圧用のPanasonicのECPUフィルム・キャパシター。
     
  5. Analogue volume control potentiometer for best sound quality. 最高音質を実現するためのアナログ・ボリューム・コントロール・ポテンショメーター。
  6. Dual-Mono Headphone amplifier with 3.5mm TRRS balanced wiring all the way to the amplifier, despite the amplifier being single-ended this delivers all the benefits of balanced wiring. アンプまでバランス伝送が可能な3.5mmTRRSバランス配線を備えたデュアル・モノ・ヘッドフォン・アンプ。アンプがシングルエンド仕様でも、バランス配線の利点を享受することができる。 
  7. Built-in iEMatch using MELF resistors for transparent matching of very sensitive headphones and/or IEMs. MELF抵抗器を使用したiEMatchを内蔵。非常に高感度なヘッドフォンやIEM用に電圧をマッチングし、透明なサウンドを実現。 


The parts, the circuitry, the implementation is something else and makes the nano iDSD Black Label a worthy successor to the original nano iDSD. It just goes up against the best out there and kicks sand in their face.
部品、回路、それらの適用、どれもが他製品とは異なっており、これによってnano iDSD Black Labelはオリジナルのnano iDSDの価値ある後継機となっています。市場にある最高の製品にも立ち向かい、それらの製品の顔に泥を塗るほどの存在なのです。

THE FINAL WORD
終わりに

We hope you enjoyed this brief overview of the nano iDSD Black Label.
It is one of the few portable, truly audiophile DACamps out there and the fact that it is priced appealing to the real-world means many are going to enjoy their music a whole lot more without being excluded by the price.
So, get your toes a tapping to the file format of your choice and give the new BL a whirl.
nano iDSD Black Labelのこの簡易な概要をお楽しみいただけたと思います。現在市場に出回っている中でも真にオーディオファイル向けの数少ないポータブルDACのひとつなのです。そして、その現実的な価格によって、多くの人が価格のせいであきらめることなく、音楽を楽しむことができるのです。
さあ、お好きなファイル・フォーマットをタップして、nano iDSD Black Labelを試してみてください。

2017年11月3日金曜日

新製品nano iDSD BLのMQA対応の遅れについて

11月3日発売のnano iDSD BLは本体ファームウェアの選択によりMQA対応が可能となる製品ですが、発売日である本日現在、MQA本社よりiFiへデータの提供が完了していないとの連絡ありました。したがいまして本日発売のnano iDSD BLはハイレゾMQAファイルを再生しても16Bit/44.1MHzでしか再生できません。iFi audio本社オフィスからデータ提供作業を急ぐようMQA本社に要請していますので、ご購入のお客様には大変恐れ入りますが、MQA対応のためのファームウェア提供の開始まで今しばらくお待ち頂ますようお願い致します。

2017年10月18日水曜日

新製品のお知らせ nano iDSD BL

以下の新製品の発売が決定いたしました。


  • 製品名:nano iDSD Black Label(BL)
  • ジャンル:DAC内蔵ポータブルヘッドホンアンプ
  • バーコード:5081313081844
  • 標準的な小売価格:27,000円(税別)
  • 発売日:11月3日(金・祝)​


iFiオーディオのnano iDSD Black Labelは、日本をはじめ世界的ベストセラーとなったオリジナルnano iDSDの直系の子孫です。
上位機micro iDSD BLと同様に、すばらしいマットブラック仕上げで、細部にバーントオレンジを使っています。内部もほぼ同じですが、今回は1)これまでのRCA出力端子を3.5mmのラインアウトにする 2)各種OTGケーブルを直に刺せるUSB-A端子オスの採用 3)出っ張りをなくした新デザインなど、携帯性はこちらの方が優れています。スマートフォンを接続するだけで、ハイレゾ音源やSpotifyなどのストリーミングサービスをかつてないレベルの音質で体験することができます。もちろんPCやMACからの接続も可能です。X-MOSの制御ソフトを独自開発できるiFiの技術により、ASIOドライバーだけでなく標準ドライバーであってもDoPでも11.2MHzの再生が可能なため、他のDACのようにDoPだけDSD再生スペックが落ちることがありません。この機能は標準ドライバーを採用されることが多いラズパイ・オーディオでも便利に使われています。



新製品発表会をヘッドフォン祭で実施
発売当日に開催されるヘッドフォン祭において、以下の通り新製品発表会を実施いたします。

  • 中野サンプラザ15Fリーフルーム・トップウイングCSGブース
  • 11月3日(金・祝)11:30〜12:30 トップウイング総合新製品&新ブランド発表会(先日ご案内したLotoo新製品もこの発表会で一緒にご紹介します)

なお、前日2日にはこの製品のローンチパーティーがロンドンでも開催されます。

特徴
MQA対応
話題のMQAに対応したiFi初の製品として、クラスを超えています。現時点で世界で最も小さく最もリーズナブルなMQA対応製品です。Nano iDSD Black Labelは、iFi製品として初めてMQAに対応し、その革命に参入しています。



ヘッドフォン端子にiFi audio独自の技術・Qバランスを採用
iFiが考案した新しいアナログシステムによって、2つ搭載されたヘッドフォン端子から最高のバランス接続で音楽を聴くことができます。四極TRRS端子をもつヘッドフォン(マイクなし)と組み合わせて使用し、最高のバランス接続を引き出してください。負荷によってヘッドフォンのチャンネル・セパレーションが変化することがありません。一般的な三極TRS端子も共有して使うことができます。
Qバランスの詳細はこちら→ http://ifi-audio-jp.blogspot.jp/2017/10/nano-idsd-bl35mmtrrsq.html



USB端子
上級機micro iDSD同様、USB Aタイプを採用
OTGケーブル*がアダプターなしで使えます。micro iDSDでは採用されていましたが、nanoシリーズでは初めてです。

*iOS:Lightning - USBカメラアダプタ http://u0u0.net/Gsnz
*Android OS:アンドロイドOTGケーブル https://www.sanwa.co.jp/seihin_joho/otg/index.html(一例)
*ソニー・ハイレゾウォークマン:オーディオ出力用USB変換ケーブル http://www.sony.jp/walkman/products/WMC-NWH10/

ヘッドフォン端子の出力強化
32Ω285mW(iPhone6の10倍)のパワーがあるので、600Ωのヘッドフォンも難なくドライブすることができます。​

3.5mmラウンアウト搭載
3.5mmのラインアウト端子により、アクティブスピーカーに接続するなどさまざまな活用法が考えられます。

ゼロ・ジッター・ライト ZeroJitter Lite®
低ジッターのクリスタル・クロック - 44.1kHzと48kHzをベースにオーディオ用に独立したクリスタル・オシレーションを実現。AMRの技術を基盤にしており、iFiのiPurifierが内蔵されています。



駆動時間10時間超
外出時は、リチウムポリマー電池によって、nano iDSD Black Labelは10時間ノンストップで音楽を楽しむことができます。​​


仕様

  • 入力(背面):USB2.0 Type A “OTG” オス
  • 出力(背面):3.5mmステレオミニ 固定レベルラインアウト、
  • デジタルフィルター:2種類
  • 出力(前面):3.5mmステレオミニ x 2(ダイレクト出力、iEMatch®搭載出力)
  • DAC:Bit-Perfect DSD/DXD変換、デジタルフィルター切り替え可能PCM変換、MQAに対応したBurr Brown DSD,DXD, PCM DAC
  • クロック:低ジッタークリスタルクロック
  • 対応フォーマット: DSD 256/128/64/12.4/11.2/6.2/5.6/3.1/2.8MHz
  • DXD 384/352.8kHz
  • PCM 384/352.8/192/176.4/96/88.2/48/44.1kHz
  • MQA
  • PCM:Listen(過渡特性を最適化した最小位相フィルター)
  • Measure(周波数特性を最適化したフィルター)
  • DSD:Listen(過渡特性を最適化した広帯域フィルター)
  • Measure(帯域外ノイズを抑制したフィルター)
  • DXD:Bit-Perfect変換
  • MQA:MQAフィルター
  • ヘッドフォンアンプ:デュアルモノ 2x285mW ノーカップリングダイレクトドライブ
  • ボリュームコントロール:アナログ 2回路 - 電源スイッチ機能付ポテンションメーター、トラッキングエラー2dB以下
  • (40dB-0dB減衰時)
  • ヘッドフォン接続:シングルエンドと互換性を持つ3.5mmTRRSバランス
  • ダイナミックレンジ(ライン出力):109dB(A)以上
  • THD+N(0dBFS ライン出力):0.004%以下
  • 出力電圧(ダイレクトアウト):3.5V(600Ω負荷時)以上
  • 2.9V(30Ω負荷時)以上
  • 1.7V(15Ω負荷時)以上
  • 出力電圧(ライン出力):2.15V(±0.05V)
  • 出力インピーダンス:1Ω以下(ダイレクトアウト)4Ω以下(iEMatch)240Ω以下(ライン出力)
  • チャンネルセパレーション:99dB(1kHz)以上
  • ジッター:計測限界以下
  • サイズ:96(奥行き) x 64(幅) x 25.5(高さ) mm
  • 重量:139g
  • 保証期間:ご購入後1年

2017年10月16日月曜日

nano iDSD BLの3.5mmTRRS四極接続「Sバランス」

Tech Notes of nano iDSD Black Label

Balanced but not as we know it


nano iDSDに採用されたバランス接続ですが、私たちが知っているこれまでのバランス接続ではありません。
これを「バランス接続」と呼ぶことはできません。
理由は後述しますが、私たちはこれを「Sバランス(S-Balanced)*」と呼ぶことにしました。
*当初「Qバランス」という名称で当初ご案内しましたが変更させていただきます。

PART 1. ACTIVELY GOES WHERE NONE HAVE GONE BEFORE
これまでだれも手を付けなかった部分に積極的に取り組みました


The new nano iDSD Black Label sports a dual-mono headphone amplifier with 3.5mm TRRS balanced wiring all the way to the amplifier.
新しいnano iDSD Black Labelはデュアル・モノ・ヘッドフォンアンプという贅沢な仕様になっています。3.5mmTRRSバランス接続でアンプまで信号を伝送するのです。

This S-Balanced technology means that despite the amplifier being single-ended, this delivers all the benefits of balanced wiring.
この「S-バランス」テクノロジーは、たとえアンプがシングルエンド仕様でも、バランス接続の利点が得られるということを意味します。

Why did we feel the need to develop this? Let’s take a look.
なぜこれを開発する必要があると、私たちは感じたのでしょう?
以下の概説をご覧下さい


================================

The problem with TRS connected headphones:TRS接続ヘッドフォンの問題点


The left and right headphone shares a single ground connection. This causes crosstalk and extra distortion. The lower the impedance of the headphone, the worse the problem. IEMs, in particular, are heavily affected.
左右のヘッドフォンが1本のアース接続を共有しています。これがクロストークと歪みの増加の原因になります。ヘッドフォンのインピーダンスが低ければ低いほど、問題は悪化します。特にIEM(インイヤーモニター)はその影響を大きく受けます。

================================

Balanced connection (can be TRRS though here shown with XLR):一般的なバランス接続(ここではXLRで示されていますが、TRRSも同じです):


Left and right ‘negative’ are separate, the negative connection runs all the way to the separate amplifiers and no crosstalk/distortion happens.
左右の「-」が分離しており、「-」は分離したままアンプに送られるので、クロストークや歪みが発生しません。

================================

Balanced output Amp:バランス出力アンプ: 



================================
PART 2. IFI IDSD NANO BLACK LABEL SOLUTION
iFi nano iDSD Black Labelの解決策 


No second amplifier is used, neither is extra signal nor noise, nor distortion added, perfect for sensitive IEMs. Further including the iEMatch technology extends compatibility with ultra-sensitive IEMs. A dedicated negative wire per channel all the way to each channel’s amplifier’s star-ground makes sure there is no crosstalk between the channels.
第2アンプを使わないので、信号もノイズも増えることがなく、歪みも加わりません。感度の高いIEMには完璧な方式です。さらに、iEMatchを組み込むことで、超高感度なIEMにも対応します。各チャンネルにはチャンネルごとの専用の「-」ワイヤーが装備されており、この「スターグラウンド」方式(グラウンドがそれぞれ独立している)によって、チャンネル間のクロストークが生じることがありません。

Plugging in unbalanced headphones with a TRS connector instead of TRRS will cause zero issues and, in fact, will still cut crosstalk by 50%, compared to using a TRS socket.
TRRSコネクターではなくTRSコネクターの付いたアンバランス・ヘッドフォンを接続しても問題はなく、しかもTRSソケットを使った場合に比べて、クロストークが半分に減少します。

All the benefits of balanced, with none of the drawbacks. Perfection!
バランス接続の有利な点をすべて備えながら、短所がまったくないのです。完璧です!


*Qバランスではマイク接続用の4極3.5mmは使えませんのでご注意ください。


Qバランスに接続した場合のクロストーク測定値



2017年9月11日月曜日

Windos用新ドライバーの更新(3.20.0)

iFi製品のための新しいWindows用ドライバーがリリースされました。



このバージョンでは新しいバッファー概念が導入されています。
1)ニュー「オートマティック」バッファー・セッティング
常に自動的に最適化を行います。これは特に高いサンプルレートの再生において重要です。
また、最大バッファーの設定は8192から32768サンプル(44.1KHzの場合0.74sec)に変更され、マシン内蔵ディスクのアクティビティを減らすことができます。マシンをマルチタスクで使用する場合、オーディオのストリーミングをより弾力的に運用することが可能になっています。マシンのスペック不足によるノイズの発生を「Auto」にすることによって、事実上ほぼ抑えています。
2)「not enough buffers for this sample rate Error(このサンプルレートではバッファーが十分ではない)」ついてもより大きなバッファーサイズを実装し、トラブルの発生を押さえています。
3)DAWソフトなどASIO DSDの互換性改善
4)Windowsの8 / 8.1 / 10との互換性を向上
※このバージョンからXPとの互換性を完全に排除したため、XPにはインストールしないように注意して下さい。
なお、VIstaもMicrosoft社のサポートが2017年4月12日をもって終了したため、国内サポートの対象から外させていただきます。

対象機種